WORLDWIDE ROCK

ロックを中心にあらゆる音楽の歴史や情報を気ままに執筆しています。難しい事は書いていないのでお気楽にどうぞ。Youtube→ https://www.youtube.com/user/Y2JCCC ニコニコ→ https://www.nicovideo.jp/user/13933159/video?ref=pc_userpage_menu

青春歌年鑑 1996 BEST30

選出基準等

・例外を除き年間オリコンチャート100位以内の曲

・デラックスの後に発売された設定のため、デラックスまでのレコード会社の曲

・90年代に収録しないと違和感のあるレコード会社・レーベルの曲 (ビーイング系等)

・他のコンピでは収録されない事が多いジャニーズ系の曲

・過去の青春歌年鑑で収録されなかったサザンや中島みゆきは敢えて未収録

・収録時間は80分を限度とする

・当然 続・青春歌年鑑シリーズも頭に入れてます。それに加えて続・青春歌年鑑 Moreシリーズと題して60年〜90年の新作も検討中

 

f:id:y2jcwwe:20201029013120j:image

f:id:y2jcwwe:20201029013248p:image

※収録時間は採用する音源により差がでます

 

総括

96年は新時代のアーティストが続々とブレイクした年になりました。相川七瀬PUFFYGLAY、V6等ですね。

 

特に安室奈美恵華原朋美、globeの活躍は後にTKブームと呼ばれる一大ムーブメントとなり、90年代の音楽のイメージを形作る程のインパクトを与えました。

 

一方で近藤真彦布袋寅泰氷室京介松任谷由美等の80年代から活躍するベテランアーティスト、奥田民生、B'z、X JAPANミスチル等の中堅アーティストらも健在です。

 

CDの売上が200万枚を超えるのが珍しく無かったこの時代、収録が叶わなかったヒット曲が相当数ありますが、そちらは続・青春歌年鑑シリーズをお待ち下さい。

青春歌年鑑 1995 BEST30

青春歌年鑑 1995 BEST30

 


選出基準等

・例外を除き年間オリコンチャート100位以内の曲

・デラックスの後に発売された設定のため、デラックスまでのレコード会社の曲

・90年代に収録しないと違和感のあるレコード会社・レーベルの曲 (ビーイング系等)

・他のコンピでは収録されない事が多いジャニーズ系の曲

・過去の青春歌年鑑で収録されなかったサザンや中島みゆきは敢えて未収録

・収録時間は80分を限度とする

・当然 続・青春歌年鑑シリーズも頭に入れてます。それに加えて続・青春歌年鑑 Moreシリーズと題して60年〜90年の新作も検討中

f:id:y2jcwwe:20201026185935j:image


【DISC1】

1「HELLO」福山雅治

2「ズルい女」シャ乱Q

3「恋の罠しかけましょ

 〜FUNK THE PEANUTSのテーマ」

  FUNK THE PEANUTS

4「DA・YO・NE」EAST END + YURI

5「太陽のSEASON」安室奈美恵

6「Feel Like dance 」globe

7「ねがい」B'z

8「HERO」中山美穂

9「突然」FIELD OF VIEW

10「TOMORROW」岡本真夜

11「ゆずれない願い田村直美

12「MAICCA〜まいっか 」EAST END + YURI

13「奇跡の地球」桑田佳祐&Mr.Children

14「シングルベッド」シャ乱Q

15「WOW WAR TONIGHT

  〜時には起こせよムーヴメント」H Jungle with t

 


DISC2

1「ロビンソン」スピッツ

2「Hello,Again〜昔からある場所〜」

      MY LITTLE LOVER

3「シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌」Mr.Children

4「Secret Night〜It's My Treat〜」WANDS

5「あなたを感じていたい」ZARD

6「蒼いうさぎ」酒井法子

7「もっと もっと・・・」篠原涼子 with t.komuro

8「Overnight Sensation

 〜時代はあなたに委ねてる〜」trf

9「CRAZY GONNA CRAZYtrf

10「たぶんオーライ」SMAP

11「うわさのキッス」TOKIO

12「TRY ME〜私を信じて〜」

  安室奈美恵 with SUPER MONKEYS

13「KNOCKIN' ON YOUR DOOR」L⇔R

14「ら・ら・ら大黒摩季

15「LOVE LOVE LOVE」DREAMS COME TRUE

 


【総括】

桑田佳祐本人が青春歌年鑑シリーズに初登場してます。作詞、作曲者としては80年代に登場していましたが、この曲に限り収録しました。00年代以降のソロは収録しないつもりです。なぜ特別にこの曲を収録したかと言うと、もう一人のT.K.こと小林武史の仕事を目立たせたかったからです。


この年はミスチルマイラバ小林武史がプロデュース、メンバーのヒットが相次ぎました。勿論小室ブームも始まっていたので、95年=W.T.K.時代と言っても過言ではないのです。


その他で言えば、B'zとZARD以外のビーイング勢が下火になり、EAST ENDが国内初のラップでのミリオンヒットを放ち、SMAPが冬の時代を脱し、シャ乱Qがブレイクしました。


ダウンタウン浜田雅功小室哲哉のコラボシングルは全世代への永遠の応援歌です。

青春歌年鑑 1994 BEST30

選出基準等

・例外を除き年間オリコンチャート100位以内の曲

・デラックスの後に発売された設定のため、デラックスまでのレコード会社の曲

・90年代に収録しないと違和感のあるレコード会社・レーベルの曲 (ビーイング系等)

・他のコンピでは収録されない事が多いジャニーズ系の曲

・過去の青春歌年鑑で収録されなかったサザンや中島みゆきは敢えて未収録

・収録時間は80分を限度とする

・当然 続・青春歌年鑑シリーズも頭に入れてます。それに加えて続・青春歌年鑑 Moreシリーズと題して60年〜90年の新作も検討中

 

f:id:y2jcwwe:20201018072358j:image

 

【Disc1】

1.LOVE YOU ONLY

TOKIO

2.愛のために

奥田民生

3.innocent world

Mr.Children

4.survival dAnce ~no no cry more~

trf

5.BOY MEETS GIRL

trf

6.SPY

槇原敬之

7.ア・ブラ・カダ・ブラ

米米CLUB

8.オリジナル スマイル

SMAP

9.風と雲と私

熊谷幸子

10.憧夢 ~風に向かって~

Be-B

11.君が好きだと叫びたい

BAAD

12.世界が終わるまでは...

WANDS

13.Don't Leave Me

B'z

14.愛が生まれた日

藤谷美和子大内義昭

15.Oh My Little Girl

尾崎豊

 

【Disc2】

1.恋しさと せつなさと 心強さと

篠原涼子 with t.komuro

2.Rusty Nail

X JAPAN

3.この愛に泳ぎ疲れても

ZARD

4.瞳そらさないで

DEEN

5.ロマンスの神様

広瀬香美

6.サレンダー

布袋寅泰

7.早くしてよ

久宝瑠璃子

8.アンバランスなKissをして

高橋ひろ

9.夏が来る

大黒摩季

10.夏を抱きしめて

TUBE

11.Tomorrow never knows

Mr.Children

12.HEART

CHAGE&ASKA

13.WINTER SONG

DREAMS COME TRUE

14.今を抱きしめて

NOA

15.Hello, my friend

松任谷由美

 

 

【総括】

今回、作成していて印象的だったのはジャニーズ勢が盛り返してきてるのと、小室系が増えてきた事でした。ビーイング系はまだ健在で93年と同様にDiscを独占させる事も可能でした。

 

他には、Mr.Childrenのブレイク、TUBEの夏うたヒット打ち止め、ガールズポップブームも広瀬香美の出現で一気に近代化、アニメ関係の歌がヒットと変革の一年という印象が強い年です。

青春歌年鑑 1993 BEST30

選出基準等

・例外を除き年間オリコンチャート100位以内の曲

・デラックスの後に発売された設定のため、デラックスまでのレコード会社の曲

・90年代に収録しないと違和感のあるレコード会社・レーベルの曲 (ビーイング系等)

・他のコンピでは収録されない事が多いジャニーズ系の曲

・過去の青春歌年鑑で収録されなかったサザンや中島みゆきは敢えて未収録

・収録時間は80分を限度とする

・当然 続・青春歌年鑑シリーズも頭に入れてます。それに加えて続・青春歌年鑑 Moreシリーズと題して60年〜90年の新作も検討中

 

f:id:y2jcwwe:20201011233932j:image

 

【Disc1】

1.愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない

B'z

2.時の扉

WANDS

3.おさえきれない この気持ち

T-BOLAN

4.裸足の女神

B'z

5.だって夏じゃない

TUBE

6.チョット

大黒摩季

7.別れましょう私から 消えましょうあなたから

大黒摩季

8.君が欲しくてたまらない

ZYYG

9.愛を語るより口づけをかわそう

WANDS

10.負けないで

ZARD

11.このまま君だけを奪い去りたい

DEEN

12.刹那さを消せやしない

T-BOLAN

13.揺れる想い

ZARD

14.Memories

DEEN

15.果てしない夢を

ZYYG,REV,ZARD&WANDS feat. 長嶋茂雄

 


【Disc2】

1.TRUE LOVE

藤井フミヤ

2.慟哭

工藤静香

3.KISS ME

氷室京介

4.「男」

久宝瑠璃子

5.EZ DO DANCE

trf

6.一途な恋

TMN

7.24時間の神話

VOICE

8.私の夏

森高千里

9.Make-up Shadow

井上陽水

10.go for it!

DREAMS COME TRUE

11.MELODY

福山雅治

12.夏の日の1993

class

13.優しい雨

小泉今日子

14.YAH YAH YAH

CHAGE&ASKA

15.ロード

THE虎舞竜

 

【総括】

所謂ビーイング系の楽曲が大ブレイクした年になります。この頃のビーイング系の曲は他のヒット曲と違い、長めのタイトルで目を惹き、そのタイトルを必ずサビで歌唱し、そのシングルをCMとして積極的にTVで流していたため、産業ロック的な意味合いが強く、当時ビーイングが使用していたJ-Rockという言葉に嫌悪感を示す人も一定数いるようです。

 

Disc1をビーイング系で固められるほどの大ブームでした。Disc2には否ビーイング系を集めています。TKブームが巻き起こるのはまだ先で、trfもそこまで注目は集めていませんでした (本格的なブレイクは翌年)

 

こうして分けるとビーイング系の楽曲のタイトルが目立ちますね。レコードから8cm CDになった事でタイトルが長い方が短いタイトルよりも目立つと考えたのでしょうか。

青春歌年鑑 1992 BEST30

選出基準等

・例外を除き年間オリコンチャート100位以内の曲

・デラックスの後に発売された設定のため、デラックスまでのレコード会社の曲

・90年代に収録しないと違和感のあるレコード会社・レーベルの曲 (ビーイング系等)

・他のコンピでは収録されない事が多いジャニーズ系の曲

・過去の青春歌年鑑で収録されなかったサザンや中島みゆきは敢えて未収録

・収録時間は80分を限度とする

・当然 続・青春歌年鑑シリーズも頭に入れてます。それに加えて続・青春歌年鑑 Moreシリーズと題して60年〜90年の新作も検討中

 

f:id:y2jcwwe:20201007071529j:image

 

【Disc1】

1.君がいるだけで

米米CLUB

2.いつまでも変わらぬ愛を

織田哲郎

3.眠れない夜を抱いて

ZARD

4.PIECE OF MY WISH

今井美樹

5.TOO SHY SHY BOY

観月ありさ

6.Choo Choo TRAIN

ZOO

7.YA-YA-YA

ZOO

8.WOMAN

中西圭三

9.クリスマスキャロルの頃には

稲垣潤一

10.冬がはじまるよ

槇原敬之

11.IN MY ARMS TONIGHT

ZARD

12.世界中の誰よりきっと

中山美穂&WANDS

13.もっと強く抱きしめたなら

WANDS

14.SAY ANYTHING

X

15.サヨナラ

GAO

 

【Disc2】

1.if

CHAGE&ASKA

2.You're the Only...

小野正利

3.何も言えなくて・・・夏

JAYWALK

4.部屋とYシャツと私

平松愛理

5.もう恋なんてしない

槇原敬之

6.僕はこの瞳で嘘をつく

CHAGE&ASKA

7.背徳の瞳~Eyes of Venus~

V2

8.ガラスのメモリーズ

TUBE

9.DA・KA・RA

大黒摩季

10.じれったい愛

T-BOLAN

11.BLOWIN'

B'z

12.声を聴かせて

工藤静香

13.接吻

ORIGINAL LOVE

14.ガラガラヘビがやってくる

とんねるず

15.それが大事

大事MANブラザーズバンド

 

 

総括

ビーイング系アーティストが増え始めますが、米米CLUBCHAGE&ASKAといった80年代からヒットを量産するグループも健在です。また小室哲哉も「背徳の瞳」のプロデュース、観月ありさへの曲提供により、ヒットメイカーとしての頭角を現し始めます。90年代、平成の音楽の本当の始まりは1992年かもしれません。

青春歌年鑑 1991 BEST30

青春歌年鑑シリーズの続編を勝手に作ってみました。昨今コンピレーションCDといえば謎のDJによる安易なMixばかりだったので、やきもきしていました。

 

かつてのコンピの定番かつパイオニア青春歌年鑑シリーズは1990年で止まっており、91年以降は不完全な90年代総集編で聴く他ありませんでしたので、勝手に青春歌年鑑っぽく作ってみました。

 

選出基準等

・例外を除き年間オリコンチャート100位以内の曲

・デラックスの後に発売された設定のため、デラックスまでのレコード会社の曲

・90年代に収録しないと違和感のあるレコード会社・レーベルの曲 (ビーイング系等)

・他のコンピでは収録されない事が多いジャニーズ系の曲

・過去の青春歌年鑑で収録されなかったサザンや中島みゆきは敢えて未収録

・収録時間は80分を限度とする

・当然 続・青春歌年鑑シリーズも頭に入れてます。それに加えて続・青春歌年鑑 Moreシリーズと題して60年〜90年の新作も検討中

 

f:id:y2jcwwe:20201005071841j:image

 

f:id:y2jcwwe:20201029013754p:image

※収録時間については採用音源により差が出ます。

 

【総括】

平成3年はトレンディドラマ全盛期でした。

ドラマ関連の主題歌が続き、バンドブームの余韻も残っています。


そんな中ビーイング勢が、密かに、時に大胆にヒットチャートを塗り替えろうとしている様子や、アイドルも今までの歌うアイドルから、女優アイドルに世代交代 (アイドル冬の時代) する様も見て取れます。


80年代型アイドル達はアーティストとして生まれ変わらなければ生き残れなかったのです。

 

.entry-content p { margin:0}

1953年のロック

f:id:y2jcwwe:20181005220047j:image

台風です。また台風です!

 

こちら福岡は大荒れでございます。

※先週の話

 

1953年のロック界も大荒れでございました。

 

 

1953年のロックのハイライトブルースでした。このままブルースが市民権を得ると思いきや、直ぐにエルヴィス・プレスリーがデビューし、ビル・ヘイリーがブレイク。ロカビリー後出しジャンケンで敗れてしまいます。

 

当時は黒人がヒット曲を出しても、それはあくまでも黒人コミュニティ内で完結しており、全国区では認知されていませんでした。

 

ビル・ヘイリーの「クレイジー・マン・クレイジー」はロックンロールが初めて全国的なヒットとなった曲ですが、ビッグ・ママ・ソーントンの「ハウンド・ドッグ」は3年後にプレスリーがヒットさせた事でプレスリーの曲になってしまいました。

 

その事情を頭に入れておくと、この年のロックソングには哀愁が漂っている気がしますよね。

 

1950年代中盤頃まで、黒人コミュニティでヒットした曲は、数週間後に白人がカバーして全国ヒットになるのが常でした。

 

Hound Dog - Big Mama Thornton

f:id:y2jcwwe:20181011205635p:image

ビッグ・ママ・ソーントンは1926年にアラバマで生まれました。アラバマ州は歴史的に白人中心の州議会が存在しており、アフリカ系アメリカ人にとって肩身の狭い州でした。

 

そこで育った彼女は恵まれた体格と力強い歌声を持ち、黒人フェミニストの象徴という面も持っていました。

 

ハウンド・ドッグ」は所謂スラングで、"女たらし"という意味を持ち、だらしない男達への反逆歌として、黒人コミュニティで大ヒットしました。

 

同年、ルーファス・トーマスアンサーソングとして、「ベア・キャット」を発表します。この曲は成功したアンサーソングの初期の例です。

 

Things That I Used to Do - Guitar Slim

f:id:y2jcwwe:20181011211550j:image

ブルースに哀愁を感じるのは日米共通です。50年代のブルースは電気を作用した大音量化が進み、重たく激しい音を奏でていました。しかし、上の項で述べた通り、黒人コミュニティのみの話でした。

 

白人コミュニティではカントリーが根強い人気を持っており、同様に電気化の波が押し寄せていました。

 

ブルースが重たく激しい音を趣向していたのに対し、カントリーは軽快で優しい音を趣向していました。

 

その流れの中で誕生したロックンロールロカビリーブルースカントリーを前時代的な物と捉え、特にブルースは黒人の物であったため、ブリティッシュ・インヴェイジョンの時代まで表舞台から姿を消します。

 

ギター・スリムのこの曲はR&Bチャートの首位を獲得し、ブルース時代の到来を告げるはずでしたが、実際は歴史の示す通りです。

 

Kaw-Lige - Hank Williams

f:id:y2jcwwe:20181011214210j:image

カウ・ライジャは木彫りのインディアン人形です。彼は向かいに飾ってある骨董品の人形に恋をします。彼は毛皮にトマホーク、彼女は可愛いおさげ髪。でも二人は人形。心の中で想っていても口にする事は出来ません。ある日、お金持ちが向かいの店を訪ねます。彼女はお金持ちに買われてしまいました。カウ・ライジャは彼女を助ける事も、涙を流す事も出来ません。ただただ立ち尽くす事しか出来ませんでした。

 

という物語が「カウ・ライジャ」です。

 

この曲は木彫りのインディアン人形の悲しみを歌った曲ですが、インディアンと白人叶わぬ恋の比喩でもあります。

 

1953年の1月1月にハンクは薬物摂取による心臓発作で亡くなってしまいますが、死後すぐに発表されたこの曲で、カントリーチャートの首位を獲得します。

 

そんなハンクですが、彼は楽譜の読み書きが出来ず、天才肌のミュージシャンであった事がわかります。彼の楽曲は次世代のミュージシャンに影響を与え、ロックの殿堂にも選ばれています。

 

Soul On Fire - LaVern Baker

f:id:y2jcwwe:20181015094807j:image

ソウルミュージックリズム・アンド・ブルースの中でもゴスペル色が強く、50年代に生まれ60年代後半から表舞台に躍り出た新世代のブラックミュージックの一つでした。

 

時代毎に言葉の意味合いが変化しているため、二つの特徴を挙げます。

 

  • ゴスペル由来の歌唱
  • R&Bよりも聴きやすい物が多い=大衆的

 

以上が全世代的に言えるソウルの特徴です。

 

大衆的とは文化の壁を超えて受け入れられた黒人音楽の事をソウルミュージックと称していた為です。

 

一部にはソウルミュージック白人文化に擦り寄った黒人音楽と捉える見方があり、リズム・アンド・ブルースという名称が本物の黒人音楽という意見があります。

 

1953年にリリースされた、「ソウル・オン・ファイア」はラヴァーン・ベイカのデビュー曲で、まだソウルミュージックというジャンルがない時代の曲ですが、ソウルミュージックの古典として親しまれています。

 

また、この盤にも収録しているレイ・チャールズソウルミュージックの始祖として知られています。

 

Money Honey -

Clyde McPhatter and the Drifters

f:id:y2jcwwe:20181011221129j:image

ドゥーワップ1950年代にロックンロールと共に全盛を極めた若者文化でした。黒人文化のイメージが強く、実際そうなのですが、白人グループも多くおり、日本でもムード歌謡に見られる形で輸入されています。

 

ドゥーワップの特徴は若者へ向けたストレートな歌詞です。スラング混じりで難しい言葉を使用しないのは貧しく楽器も買えないという状況から発生したジャンルであるのが理由でしょう。

 

ドリフターズはクライド・マクファターを中心に結成され、メンバーの入れ替わりが活発なグループでした。デビュー曲となる「マニー・ハニー」の意味は"金に目がない彼女"で、これもスラングです。

 

1953年のロック

 

1953年のロックを総括すると、ハンク・ウィリアムスの薬物中毒死から始まり、ビル・ヘイリーの躍進ロックンロールのスタンダードとなる「ハウンド・ドッグ」「マニー・ハニー」「ハニー・ハッシュ」等が産まれ、ロックンロール黄金時代の到来を感じさせる年であると言えます。ソウルミュージックドゥーワップの歴史も始ました。

 

次回、1954年はロックンロール史上最大の重要曲が登場します。